某大学生のハテナな毎日

某大学生によるエンターテイメントデス

好きなことを仕事にって楽しいの?

どうも、某大学生です。

 

最近、「ブログの記事何書こうかなぁ・・・」なんて書きながら生活しております。

 

さてさて、今日のタイトルなのですが、、、、

最近よく好きなことを仕事にするなんていうキャッチフレーズが流行っているようないないような・・・(少し古いかなw

 

そんなことを聞いて常々思うのが、好きなことってなんだろうってことです。

 

哲学的なことではないですけども、、、

 

好きって言っても色々ありますよね、例えばyoutuberであるならば動画を撮ることが好きなのか、人を笑わせるのが好きなのか、実況をするのが好きなのか・・・・

 

それを仕事にする時ってその好きなことがお金を稼ぐための手段になってしまうのではないかと思うのです。

 

自分は若輩者ですので、人の人生に口出しなどできませんが

好きなことのベクトルって様々ですよね。

漫画を読むことが好きだから漫画家になるのと、絵を描くことが好きだから漫画家になるのとではだいぶ違うと思いますし・・・・

 

なのでyoutuberやブロガーなど、好きだから始めてみるって人は、その媒体を利用するのが好きなのかその媒体で自らが発信したいのかしっかり考えた方がいいと思います。

 

動画を見るのと撮るのとでは全然違います。

ブログを見るのを書くのでは全然違います。

 

そこに自分でネタを試行錯誤するという過程が入るからです。

 

毎日ネタを考え編集、または推敲し投稿するというのは自分の生活がかかっているか、本当に好きなことでなければ続きません。

 

今例に挙げたのは、youtuberやブロガーなど新興の職業ですがそういった生半可な気持ちではできないものはたくさんあります。

 

それを職業とするのは簡単なことではありません、趣味としてやっている時の方が断然楽しいかもしれない・・・・

 

そこまでして、その趣味を職業にしたい理由や覚悟がありますか?

 

まぁ、自分はないのですけどw

 

まぁ、タイトルにある「好きなことを仕事に」に向いてる人って何かを創作する過程を楽しめる人だと思うのです。

 

youtubeを見て笑ったり泣いたりするのなんて簡単ですが、笑わせたり泣かせたりするのは至難の技だと思います。

 

好きなことなんて一概には決められませんが、それを仕事にしたときに楽しめることが重要だと思うのです。

そうでなければ趣味に留めておくべきだと思います、きっと苦痛になってしまうから。

 

さて、そんなわけで自分がだしたタイトルへのアンサーは、

何かを創作すること=好きなことなのではないかと考えました。

 

自分がその媒体を好きなだけではなにもできませんからね!

 

なんて色々語ってしまいました・・・・

皆さんはどんな考えをお持ちなのでしょう、気になります。

 

今日はこの辺で、それでは〜