読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某大学生のハテナな毎日

某大学生によるエンターテイメントデス

それでもテロは終わらない

どうも某大学生です。
突然ですが、ちょうど数時間前ロンドンでテロが起きました。

ロンドンテロ、IS系が事実上の犯行声明 通行人ら死傷:朝日新聞デジタル

犠牲者の方には心よりご冥福をお祈り申し上げます・・・・。

さて、、、
テロは常に行われているものですが、最近国の首都での犯行を聞く機会が多くなった気がします。
今日はちょっとテロがどうして起きるのかざっくり解説しようと思います。

1 テロの目的

そもそもなぜテロをしているのか、皆さんは考えたことがありますか?
どんな人々が、どのような目的でテロを行なっているのか・・・・。
今の世界情勢や宗教体系と深く関係していると思うので、かいつまんで説明したいと思います。
テロの目的とは、政権の奪取、国家の樹立、資金の調達、国家への報復などです。
最近世間を賑わせているイスラム国は上記の国家の樹立や政治体系への報復が目的となっています。
そして、少し話が飛びますが、イスラム国や中東のテロ組織の中心となっているイスラム過激派の説明をします。
イスラム過激派とは?

自分たちの理想を「イスラーム」により理論化し、そのような社会の実現を図るために武力・強制力の使用を容認する戦闘的な組織を総称する用語である。こうした組織は、非支持者の側から見ればイスラームの名を使用して主張を実現するために「犯罪やテロ」を行う過激派(extremist)とみなされることになる。因みに、イスラームとは信徒のための教典です。

と一部の過激な信徒によるものですので、敬虔なイスラム教徒を非難するのはお門違いというものですね。

2 テロをするメリット

さてテロの目的はわかりましたが、武力行使になんのメリットがあるか説明していきたいと思います。
行われるテロにおいて、そのおおくが自爆テロです。
メリットとしては、組織の存在を示すことができる。
そして、メリットと認めていいのかは謎ですが、、、
自分が犠牲になれば天国に行くことができるということを妄信しているからこういったことができるのです。これは彼らにとってのメリットになるのでしょう。

3 防ぐ手段として

防ぐための手段としては国境警備や入国審査の厳格化など、規則を縛ることでしか防げません。
なぜなら妄信している者と対話なんてできないからです。(今の日本の政治をみていればわかりますよね・・・・。)
相手が失うものがなく突っ込んでくる以上、突っ込まれる前に防がなければいけない。
そのためにはグローバリズムを見直さなければいけないのかもしれませんね・・・。

4 まとめ

さて、今日はテロについて語ってみました、稚拙な説明ですいません!
皆さんも身近にあるテロの危険について考えてみてください。
それでは〜